2007年02月05日

平均寿命と平均余命・死亡リスクと生存リスク


平均寿命という言葉をよく聞くと思います。
平成16年簡易生命表によると、男性の平均寿命は78.64年、女性の平均寿命は85.59年となっています。
そして、その寿命に応じて生命保険の設計をすることがあると思います。

しかし、平均寿命は「0歳の人が平均してあと何年生きるか」という指標です。つまり、20歳、30歳、40歳と変わってくるわけです。

続きを読む
posted by hokenya at 23:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 生命保険の見直し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

現在加入している生命保険の活用

生命保険を見直す際、現在加入している生命保険の扱いについて迷うことがあると思います。

多くの方は、現在加入している生命保険について、そのまま続けるか解約するかいずれか2つの方法より選択すると思います。

しかし、実は他にも現在の生命保険を活用する方法があります。

続きを読む
posted by hokenya at 04:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 生命保険の見直し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

生命保険見直しのステップ(3)プランの設計

まず一番大事なのは、はじめて生命保険に加入するつもりで、まずプランを設計してみることです。

プランは(2)方向性の検討で決めた保障内容、優先順位に沿って作成します。

そして、現在の生命保険契約を活用するのか、それとも現在の生命保険契約を解約し新たに生命保険に加入するのか、決めることになります。

続きを読む
posted by hokenya at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 生命保険の見直し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

生命保険見直しのステップ(2)方向性の検討

現在加入している生命保険の内容や家庭の状況など、現状分析が終わりましたら、次は生命保険見直しの「方向性」の検討です

1.支払う保険料の水準

今よりも支払う保険料を安くするのか、それとも将来に備えて増額しても良いのか。また、保険料に影響しますので、保険料の払込み期間も検討する必要がありますね。65歳までにするのか、終身にするのか。色々な方法があります。

続きを読む
posted by hokenya at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 生命保険の見直し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生命保険見直しのステップ(1)現状把握

病気にかかったら病院に行き、医師の診断を受けると思います。

そして医師が薬を処方したり注意を促したり、どのようにして病気を直すのか指導します。

生命保険の見直しも同じです。
続きを読む
ラベル:生命保険 見直し
posted by hokenya at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 生命保険の見直し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

生命保険の見直しの基本(3)保険料は適切か?

生命保険は万が一の際の備えとして加入しますが、万が一というだけあって必ずしもアクシデントに遭遇するとは限りません。

不安に駆られて必要以上に生命保険に加入し、保険料がかさむとういうことに注意する必要があります。

続きを読む
ラベル:保険料
posted by hokenya at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 生命保険の見直し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

生命保険の見直しの基本(2)保険金の額は適正か?

適正な保険金額はどれくらいでしょうか?

簡単に言いますと万が一の場合の「支出−収入」です。

ただ、この支出と収入について意外と深く考えていない方が多いようです。

例えば、支出について。

ローンを抱えていて生活費がかかるのなら、ローンの支払が終われ
ば必要な死亡保険金額は下がります。また、子供が独立すれば生活費が
下がり、当然死亡保険金額も下がります。

収入についてはどうでしょうか。

意外と把握していないのが公的年金。
厚生年金、国民年金ともに遺族には年金が支給されます。

他にも会社からの弔慰金も支給されることがあります。

これらの収入は必要な支出から引くことができます。
結果として必要な死亡保険金額は下がりますね。


どうでしょうか?

支出と収入をきちんと把握した上で保険金額を決めていますか?

考えた事もない!という方は見直しが必要ですね。
posted by hokenya at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 生命保険の見直し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

生命保険の見直しの基本(1) 生命保険会社の安全性

まず、生命保険会社の安全性について考えてみましょう。

どんな良い商品を売っていたとしても、破綻寸前のお店から商品を買う人はいませんね。また、他人をだましてばかりの人は信用できないですね。

生命保険会社も同じことです。

それに何と言っても生命保険との付き合いは長期に渡ります。きちんと見極める必要がありますね。

1.生命保険会社の格付け

「保険財務格付」をチェックします。様々なサイトで生命保険会社の格付けについて情報を提供しています。

格付けの低い生命保険会社は問題があるかもしれません。


  S & P     http://www.standardandpoors.co.jp/
  ムーディーズ  http://www.moodys.co.jp/


2.ソルベンシーマージン比率

保険会社を数字で比較する際に使われる指標で、保険会社の支払い能力を示すものです。

予測を超えるリスクに対する生命保険会社の支払い能力を示す指標であり、一般的に200%を超えていれば十分な支払い余力を持っていると考えられています。

各生命保険会社のホームページに通常は記載されていますので、比較してみると良いでしょう。


3.保険料収入

加入しようとしている生命保険会社の「保険料収入の増減」を確認してみましょう。

絶対とはいえませんが、保険料収入が毎年減少傾向にある場合は、気を付ける必要がありますね。

営業力が弱いのか、商品力が弱いのか、財務体質が弱いのか、それとも顧客満足度が低いのか、どこか問題がある可能性があります。


4.お客さま満足度。

現在の生命保険会社に満足しているのか。これがまず重要ですが、他の生命保険会社に乗り換えたところでよくなるとは限りません。

生命保険会社やセールスマンが顧客の方を向いて仕事をしているか、見極めが必要ですね。

雑誌でもよく生命保険会社の満足度ランキングを発表していますので、参考にするとよいでしょう。
posted by hokenya at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 生命保険の見直し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。