2007年01月25日

生命保険の基本型

生命保険の数が飛躍的に増え難しく思えますが、実は生命保険は簡単に分けますと3種類しかありません。

多くの生命保険商品は3種類のいずれか、あるいはその組み合わせで構成されています。

1.死亡保険

被保険者が死亡または高度障害になったときに保険金が支払われます。

例)定期保険・終身保険・定期保険付き終身保険


2.生存保険

被保険者が一定期間生存したときに保険金が支払われます。

例)個人年金保険・貯蓄保険


3.生死混合保険

被保険者が保険期間の途中で死亡または高度障害になったとき、あるいは保険期間満了まで生存した時に保険金が支払われます。

つまり、死亡保険と生存保険を組み合わせた生命保険です。

例)養老保険・定期保険特約付き養老保険



posted by hokenya at 16:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 生命保険の仕組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32089551

この記事へのトラックバック

個人年金(金利が低い時代には「変額年金」)(その2)
Excerpt: ユーキャンのFP通信講座個人のライフプラン(人生設計)を財政的な面から総合的にアドバイスするファイナンシャルプランナー(FP)。「家計のホームドクター」フィナンシャルプランナー(FP)試験と業務の要「..
Weblog: 個人年金保険最新情報
Tracked: 2007-01-26 15:54

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。